【図解】ブロガー必見!よく使うキーボードのショートカット操作7選

目安時間:約 10分

得意げにこちらを見つめる起業家どうも、つるです。

 

今回は、ブロガーが良く使うキーボードのショートカット操作についてです。

 

結構頻繁に使う操作で、この記事自体もサラッと読めるので、ザっと目を通しておきましょう。

 

素早く操作できて汎用性も高いため、ブログで大活躍間違いナシです。

 

 

 

 

 

ショートカット操作一覧

今回紹介するショートカット操作は以下の通りです。

 

以下7つのうち6つは、

 

コントロールキー(Ctrl)と合わせて入力します。

 

 

  • 全選択
  • コピー
  • ペースト
  • カット
  • スクリーンショット
  • 上書き保存(windowsアプリ等)
  • 検索機能

 

 

 

 

 

ショートカットの操作の覚え方

それぞれのショートカットキーの覚え方ですが、

 

だいたいCtrl+(操作の英語の頭文字)

 

って感じの組み合わせです。

 

 

 

例)全選択=Allなので、

「Ctrl+A

 

コピー=Copyなので、

「Ctrl+C

 

…などなど。

 

 

 

 

 

全選択(Ctrl+A)

キーボードCtrl+A

 

Ctrl+Aで全選択できます。

 

メモ帳に書いておいた下書きの記事を

 

全選択してからコピーするのに便利です。

 

 

 

 

 

コピー(Ctrl+C)

キーボードCtrl+C

Ctrl+Cキーでコピーできます。

 

何かの会員登録の画面で

 

メールアドレスを入力する時とかに使えます。

 

 

 

 

 

ペースト(貼り付け)(Ctrl+V)

キーボードCtrl+V

ペーストとは、コピーしたものを

 

はりつける操作です。

 

Ctrl+Vでペーストできます。

 

当たり前ですが、コピーと合わせて使いましょう。

 

 

 

 

 

カット(Ctrl+X)

キーボードCtrl+X

カットとは、選択した範囲をコピーし、

 

同時にコピーした文章をその場から消す

 

操作のことです。

 

 

 

どこか別の場所に張り付けるために、

 

ハサミで書類の必要な個所を切り取る

 

ようなイメージです。

 

 

 

Ctrl+Xでカットできます。

 

記事の下書きを作成中に、

 

文章を前後に移動させたいときに便利です。

 

 

 

 

 

スクリーンショット(Fn+PrtScr)

キーボードFn+PrtScr

スクリーンショットとは、

 

その場で画面に映っているものを

 

画像として残す操作です。

 

 

 

Fn+PrtScrでスクリーンショットができます。

 

この操作はCtrlキーは使いませんので

 

注意してください。

 

 

 

また、この操作だけでは画像としては残りません。

 

Windowsの「ペイント」というソフトで、

 

貼り付けを行って、画像を保存してください。

 

 

 

 

 

追記(1/21):どうやらパソコンの機種によって

スクリーンショットの操作が違う場合があるようです。

今回紹介した操作は、主にノートパソコンでの操作になります。

単にPrtScrキーだけを押すだけで良い場合や

PrtScr+Alt+Fnキーを押す場合などもあります。

自分のパソコンに合った操作方法を調べておくと良いでしょう。

 

※スクリーンショットの検索結果はこちら

 

 

 

 

 

上書き保存(Ctrl+S)

キーボードCtrl+S

Ctrl+Sで上書き保存できます。

 

 

 

主に、Windowsのソフトで共通して使える操作です。

 

例えば、Excelやメモ帳などがそうです。

 

 

 

メモ帳で記事の下書きを書いているときに、

 

瞬時にデータを保存できるので、

 

私もよくお世話になっている操作です。

 

 

 

 

 

検索機能

キーボードCtrl+F

Ctrl+Fで検索機能を呼び起こせます。

 

 

 

単に検索機能といっても、

 

イメージしにくいでしょう。

 

しかしこの検索機能は使い方次第で

 

スマートな操作ができるようになります。

 

 

 

例えば、ネットで調べものをしているときに、

 

「○○」って言葉を含んだ記事だけ見たいときに、

 

この検索機能を使うと便利です。

 

 

 

例)「スマホ」と検索して出てきた検索結果のうち、

 

「iPhone」という言葉を含むウェブページだけ見たい場合。

 

 

「スマホ」と検索

検索結果の画面で「Ctrl+F」を押す

新しく出てきた検索窓に「iPhone」と入力して検索

検索結果の「iPhone」という部分だけ

色付きの言葉となって表示される。

「iPhone」を含むウェブページが瞬時にわかる!

 

 

実際にやっていただければ、

 

わかるかと思いますが、地味に便利です。

 

 

 

特に、PDFの教材を読んでいるときには、

 

言葉を検索するのに大活躍するので、

 

覚えておきたい操作です。

 

 

 

 

 

まとめ

今回のまとめです。

 

 

 

  • 全選択:Ctrl+A
  • コピー:Ctrl+C
  • ペースト:Ctrl+V
  • カット:Ctrl+X
  • スクリーンショット:Fn+PrtScr
  • 上書き保存:Ctrl+S
  • 検索機能:Ctrl+F

 

 

これらの操作はぜひ覚えておきましょう。

 

作業時間が短縮できたり、

 

無駄に疲れる必要も無いので

 

便利です。

 

 

 

実際、この記事を書いている今日も、

 

コピー&ペーストや全選択、

 

カットを多用しています。

 

 

 

もし、全部覚えるなんて無理!って場合は、

 

まずはコピー&ペーストから覚えましょう。

 

これは汎用性バツグンなので。

 

 

 

そこから、実際に使っていって

 

少しづつ覚えるのが良いと思いますよ。

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

著者プロフィール

つるがスーツ着ているコラージュ画像つる(学生アフィリエイター)

高校生の時、月3000円のお小遣いに物足りなさを感じつつも、

バイトをしたくないという思いもあり、悩んでいたある日、
初期費用が少額で済むアフィリエイトというネットビジネスを知る。

 

すぐにWEBサイトをあちこち漁り始めるが、
ネットだけではぼんやりとした手順しかわからず、
具体的な手順をつかめずに半年ほど停滞の時期を経験する。

 

その後、情報商材やいろんな人のレポートなどで
必死に勉強をし、ついにブログ運営を開始。

 

ブログ運営開始後約4ヶ月で検索順位1位や

ブログランキング学生起業カテゴリ1位という実績をたたき出す。

 

その後、自身のブログ運営の仕方を研究し、
正しいブログの運営方法を突き止める。

 

今では、過去の自分と同じように

「バイトは避けたいがお金は稼ぎたい」と考える学生向けに、

自身のWEBサイトで”ブログで稼ぐための情報”を発信している。

 

また、情報発信の活動の一環として

基本的マインドセットが完了する入門的なプレゼントを無料で配布している。

 

詳細は上記ページ↑にて。

 

著者のTwitterはコチラ→

管理人プロフィール

つるがスーツ着ているコラージュ画像

※画像はイメージです。

管理人:学生アフィリエイター つる

 


バリバリ現役の専門学校生(2020年卒業予定)。

月3000円の小遣いに危機感を感じ、バイトを避ける手段として10代にしてブログビジネスに挑む。

知識ゼロ、技術ゼロ、人脈ゼロ、PC1台、軍資金は貯めてたお年玉5万円という、とてもビジネスを始めるとは思えない環境から、最低0円から始められるという「ブログビジネス」の世界に飛び込む。

ゲームやイラスト、カラオケが趣味の19才。20歳になってしまいました。

情報処理・Web(HTML,CSS)・ブログアフィリエイトビジネスの知識に精通。それに関連する資格を3つ持っている。

 

詳しいプロフィールや実績はこちら

2022年5月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
初心者ならば、必ず見ておきたい記事

『オススメ記事5選』というタグにまとめています。

また、”ブログで稼ぐ方法”自体を知りたいという方は『コチラ』からどうぞ。

質問とか意見とかはコチラ

ポストの画像

以下のメールアドレスにメールください。もれなく読みます。

tsurucontact@gmail.com

・当サイト専用のメールアドレスです。
・届いたメール全てに目を通しています。
・返信は約束できません。

サイト内を検索
【つる愛用】失敗しないサーバー選びのために。



▲エックスサーバー(公式HPに飛びます。)

 

ブログ運営はサーバーとドメインを買うところから始まります。どこのサーバーがいいか迷った時には、よかったら参考にして下さい。

つる愛用!「エックスサーバー」についての記事はコチラ
『エックスサーバーの紹介記事』

ダウンロードはコチラ

ページの先頭へ