記事を流し見る読者を激減させる、意外過ぎるたった1つの工夫

目安時間:約 8分

目を丸くしてコチラを覗き見るネコどうも、つるです。

 

今回は、より多くの人に記事をしっかり読んでもらえるようになるための記事です。

 

実は読者は、記事のページに来ても記事を読まない場合が多いのです。知ってましたか?

 

「記事を書くと殺風景になりがちなんだよなぁ」って感じている人には特にオススメしたい記事です。

 

 

 

 

 

読者の目を引こう!

多くの人にしっかり読んでもらえる記事にしたいなら、

 

1スクロールごとに何かしら

 

読者の目を引くものを置いときましょう。

 

 

 

小さな工夫にも思えますが、

 

その効果はやるやらないでかなり違います。

 

 

 

 

 

来ても読まないっていう事実

実は、記事ページまで来てくれた人の中でも

 

しっかりと記事を読んでくれる人って

 

案外少ないんですよね。

 

 

 

ほとんどの人は悲しいことに、

 

記事の文字を素通りします。

 

 

 

アナタがネットサーフィンをしているときを

 

思い出してみてください。

 

 

 

目的のページに移ったら、

 

さっさと目的の情報があるとこまで

 

ページをスクロールしていませんか?

 

 

 

…そういうことです。

 

ブログ読者も全くこれと同じで、

 

記事中のほとんどの文字はあまり読まないんです。

 

 

 

特に、スマホユーザーの人は文字を読まない傾向にあります。

 

 

 

パソコンでネットを見るときは、情報収集の場合が多いので、

 

まぁまぁの割合で文字は読まれます。

 

 

 

しかし、スマホでネットを見るとなると話は別、

 

スマホでネットを見る人は主に

 

暇つぶしで見ている場合が多いので、

 

画像とかじゃない限り、あまりじっくりとは見ません。

 

 

 

改めて言います。

 

スマホユーザーは文字を読む人は少ないんです。

 

 

 

しかも、今ではすっかり

 

多くの人の「ネットへの入り口」はスマホです。

 

 

 

ネットを見たいがために、

 

わざわざパソコンを開く人も少なくなっています。

 

 

 

つまり、ネットを見ている人の多くは

 

スマホユーザーだと言えます。

 

 

 

だから、スマホユーザーにもしっかりと

 

記事が読まれるように、

 

画像などの”目を引く”要素を置いておかなければいけないのです。

 

 

 

 

 

どんなものを置いておけばいいの?

現に、商品販売ページを書いて7桁稼いだ人は

 

販売ページを書くときは特に

 

「1スクロール:1目を引くもの」を意識しているそうです。

 

スゴイですね…。

 

 

 

さて、そんな

 

大事な「1スクロール:1目を引くもの」マインドですが、

 

目を引くものの具体例としては以下のようなものがあります。

 

 

 

  • 画像
  • 色付き文字、太字
  • 表、グラフ
  • ボックス
  • …などなど

 

※太字=<b>太字にしたい文字</b> または <strong>太字にしたい文字</strong>

※色付き文字=<span style="background-color:色を指定する16進数;">色を付けたい文字</span>

※『色を指定する16進数』はコチラのサイトがすごく役に立ちます。

 

 

 

こんなものがあれば、読者の目を引くことができます。

 

ぜひ、記事中に積極的に取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

まとめ

では、まとめです。

 

 

 

記事をより多くの人にしっかり読んで欲しいなら…

 

「1スクロールあたり1か所くらいの頻度で『目を引くもの』を置いておこう!」

→そうすれば、画面をスクロールして流し見ている読者の目を止められるから。

 

目を引くもの=画像、装飾した文字、表やグラフ、etc…

 

 

 

最近では、ネットを見る人のほとんどは

 

スマホユーザーです。

 

 

 

そしてスマホユーザーは文字をあまり読みません。

 

暇つぶしでスマホを触る人が多いからです。

 

 

 

そんな流し見ている傾向にあるスマホユーザー対策に

 

読まれたい記事ではところどころに

 

”目を引くもの”を置いておかなければいけません。

 

 

 

まぁ、対策と言っても難しいものでは無く、

 

1スクロールごとに1目を引くものといった具合に

 

目を引くポイントを設置するだけです。

 

 

 

このマインドを意識できるかどうかで、

 

記事をしっかり読んでくれる人の数が大分変わるので、

 

ぜひ記事を書くときは意識してください。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

著者プロフィール

つるがスーツ着ているコラージュ画像つる(学生アフィリエイター)

高校生の時、月3000円のお小遣いに物足りなさを感じつつも、

バイトをしたくないという思いもあり、悩んでいたある日、
初期費用が少額で済むアフィリエイトというネットビジネスを知る。

 

すぐにWEBサイトをあちこち漁り始めるが、
ネットだけではぼんやりとした手順しかわからず、
具体的な手順をつかめずに半年ほど停滞の時期を経験する。

 

その後、情報商材やいろんな人のレポートなどで
必死に勉強をし、ついにブログ運営を開始。

 

ブログ運営開始後約4ヶ月で検索順位1位や

ブログランキング学生起業カテゴリ1位という実績をたたき出す。

 

その後、自身のブログ運営の仕方を研究し、
正しいブログの運営方法を突き止める。

 

今では、過去の自分と同じように

「バイトは避けたいがお金は稼ぎたい」と考える学生向けに、

自身のWEBサイトで”ブログで稼ぐための情報”を発信している。

 

また、情報発信の活動の一環として

基本的マインドセットが完了する入門的なプレゼントを無料で配布している。

 

詳細は上記ページ↑にて。

 

著者のTwitterはコチラ→

管理人プロフィール

つるがスーツ着ているコラージュ画像

※画像はイメージです。

管理人:学生アフィリエイター つる

 


バリバリ現役の専門学校生(2020年卒業予定)。

月3000円の小遣いに危機感を感じ、バイトを避ける手段として10代にしてブログビジネスに挑む。

知識ゼロ、技術ゼロ、人脈ゼロ、PC1台、軍資金は貯めてたお年玉5万円という、とてもビジネスを始めるとは思えない環境から、最低0円から始められるという「ブログビジネス」の世界に飛び込む。

ゲームやイラスト、カラオケが趣味の19才。20歳になってしまいました。

情報処理・Web(HTML,CSS)・ブログアフィリエイトビジネスの知識に精通。それに関連する資格を3つ持っている。

 

詳しいプロフィールや実績はこちら

2022年5月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
初心者ならば、必ず見ておきたい記事

『オススメ記事5選』というタグにまとめています。

また、”ブログで稼ぐ方法”自体を知りたいという方は『コチラ』からどうぞ。

質問とか意見とかはコチラ

ポストの画像

以下のメールアドレスにメールください。もれなく読みます。

tsurucontact@gmail.com

・当サイト専用のメールアドレスです。
・届いたメール全てに目を通しています。
・返信は約束できません。

サイト内を検索
【つる愛用】失敗しないサーバー選びのために。



▲エックスサーバー(公式HPに飛びます。)

 

ブログ運営はサーバーとドメインを買うところから始まります。どこのサーバーがいいか迷った時には、よかったら参考にして下さい。

つる愛用!「エックスサーバー」についての記事はコチラ
『エックスサーバーの紹介記事』

ダウンロードはコチラ

ページの先頭へ